南平台からの鶴見岳
 2014年05月29日  大分県別府市 日帰り(午前)
 メ ン バ ー  単独
行    程  正面一気登山道駐車場5:07~御嶽権現社5:15~南平台との分岐5:39~ミヤマキリシマが現れる6:166:33山頂周回6:52
 ~南平台7:42~御嶽権現社8:27駐車場8:33    3時間25(休憩含)    上り累積標高差 約720m

山    名  日本300名山・鶴見岳(1370.6m)
天    候  


昨日は福岡空港からレンタカーで別府まで来た。小さい車を予約しているのでテント持参だ。
格安で抜群のロケーションのキャンプ場(志高湖)が鶴見岳登山口から比較的近場にあり、ゆっくり休めた。



志高湖キャンプ場





早い朝、広い登山口駐車場に1台もなし。御嶽権現社まで広いみちを歩く。
社からは山道となり、ほぼゆったりしたみちが続き、南平台への分岐。
南平台は下りに回るとして真っ直ぐに山頂への道を辿る。1200mに差し掛かるころからミヤマキリシマが見れる様になった。

 

  周りが開けて来るともう山頂の散策路の雰囲気。
不動尊巡りが出来る様に周回コースがありその周辺はミヤマキリシマが咲き乱れて、ほぼ見頃を迎えていた。

この後、ロープウェイが動き出したら人でいっぱいになるのだろうが、この時間は独占して見放題だ。

   





山頂


隣には由布岳。
この界隈では群を抜いて美しくてシャープに見えた。間違い無く百名山に相応しい山だ。
もう一度登ってみたい気もするが、午後は涌蓋山に登る予定。
昨日からの黄砂の影響が酷く、見通しが悪く霞んでいて残念だった。





下りは南平台を回って下ったのだが、鶴見岳の姿をハッキリ写す場面が無くて残念だった。

下山後、九重方面へ移動。


移動途中、湯布院方面への道路から見える由布岳


TOPへ  山へ残した足跡(日付別)  山へ残した足跡(山域別)   大峰へ残した足跡  台高へ残した足跡 
 百高山と標高2000m超の山  日本100名山
  日本200名山  日本300名山